JP
EN
2019.11.07
渋谷が「エンタメ×5G」で進化 ARアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」を 11月8日(金)〜10日(日)SHIBUYA CAST.にて開催

“渋谷の街にアートをインストール”

一般財団法人渋谷区観光協会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:金山 淳吾、渋谷区観光協会)、一般社団法人渋谷未来デザイン(所在地:東京都渋谷区、代表理事:小泉 秀樹、以下 渋谷未来デザイン)、KDDI株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は、「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第三弾として、2019年11月1日(金)より開催中のWHITE NIGHT WEEK SHIBUYAに合わせて、11月8日(金)から10日(日)の3日間、「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.1」での構想をもとに生まれたARで楽しむアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」をSHIBUYA CAST.敷地内にて開催します。

「INVISIBLE ART IN PUBLIC」は、9月に行われた「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.1」にて生まれたアイデアの1つ“渋谷の街自体を美術館にできたら”という構想のもと、新しい実証実験として実施されます。「見えないを価値に。」をコンセプトに、スマホやタブレットなどのスクリーンを通さないと見えないARの制約を逆手に取り、街の姿を変えずに物理的制約から解放された作品を街頭に展開。日常生活に作品を溶け込まし、共生する世界観の中で、あらゆる人が作品を自由に観賞・評価・支援できるプラットフォームを目指し、今後定期的に展示を予定しています。

今回の参加アーティストにはNEWVIEW AWARDS 2019のファイナリスト、Khayaさんを予定、渋谷にも馴染み深い彼らの先鋭的な作品をお楽しみいただけます。

開催概要

展覧会名:INVISIBLE ART IN PUBLIC

開催場所:SHIBUYA CAST.

開催期間:2019年11月8日(金)9日(土)  10日(日)

開催時間:17:00 – 21:00

体験方法:端末 (iPad) はCITYSHOP渋谷キャスト店にて貸し出し。SHIBUYA CAST.敷地内に貼られたマーカー(QRコード)をSTYLY MR (アプリ)を起動させ、読み込むことにより、空間上に浮かび上がるアートを楽しむことができます。

特別協力:東急株式会社、NEWVIEW PROJECT(Psychic VR Lab、PARCO、loftwork)、CITYSHOP

渋谷エンタメテック推進プロジェクト」について

来たる5G時代を見据えてKDDI、渋谷区観光協会、渋谷未来デザインの三者で立ち上げた、主にエンターテインメントに特化したテクノロジーを駆使し、渋谷の街をより面白くしていくためのプロジェクト。音楽・アートといったエンターテインメント領域を中心に、新たな文化の創出や、観光面での魅力的な街づくりを推進していきます。

WHITE NIGHT WEEK SHIBUYA について

「東京・渋谷から夜の経済振興・文化振興」をテーマに、様々な議論の場と体感プロジェクトを通じて“東京のナイトカルチャー”を考える一週間。カルチャー、エコノミー、テクノロジー、セキュリティなど、ナイトライフに携わるプロデューサー、クリエイター、アーティストたちは、何を考え、どのような未来を見ているのか、様々なイベントを通じて未来の渋谷への期待感を高めます。