JP
EN
2019.12.11
渋谷の街がアートミュージアムになる 11日〜15日(日)の5日間、XRで楽しむアート展開催

「 見えない 」を価値に。
スクランブル交差点に広がる日常の風景が、テクノロジーによって進化する。

渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会、KDDIの3社で立ち上げた、「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」は、電子音楽とデジタルアートの祭典「 MUTEK.JP 2019 」の開催に合わせ、XR(AR / MR / VR)を駆使したアート展「 INVISIBLE ART IN PUBLIC 」の第2回を実施します。

タブレットやスマホのスクリーンを通さないと見えないAR(拡張現実)をはじめとしたXR技術の制約を逆手に取り、物理的限界から解放されたアートを街頭に展示。

鑑賞時に感じるアートのチカラやインスピレーションを尊重するために、あえてアーティストのバックグラウンドが「見えない」状況をつくり、純粋に目の前の作品と向き合える環境を提供。デジタルだからこそ実現できる新たな価値観のアートを体感することができます。

作品例:

#01 delicious track @CITYSHOP PIZZA
   Synichi Yamamoto & Intercity-Express 

開催概要

展覧会名:INVISIBLE ART IN PUBLIC Vol.2“Synthetic Landscapes”

開催期間:2019年12月11日 (水) – 15日 (日)

実施場所:

体験方法:体験には2つの方法があります。

Aパターン: 特別ガイド付きツアーに参加

(1)実施日
     2019年12月11日~2019年12月15日 16:00~20:00 
(2)応募方法
     渋谷ストリーム2F、CITYSHOP PIZZAにて順次到着した方より受付
     ※定員数に達した時点で締め切らせていただきます。

Bパターン:スマホで参加

ご自身がSTYLY APP*をダウンロード。各スポットにある「STYLYマーカー」(QRコードを読み込み、空間に重ねることで、アートが表示されます。

 *googleplay | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
 *appstore | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8

特別協力:東急株式会社、CITYSHOP PIZZA、VIE STYLE株式会社

渋谷エンタメテック推進プロジェクト」について

来たる5G時代を見据えてKDDI、渋谷区観光協会、渋谷未来デザインの三者で立ち上げた、主にエンターテインメントに特化したテクノロジーを駆使し、渋谷の街をより面白くしていくためのプロジェクト。音楽・アートといったエンターテインメント領域を中心に、新たな文化の創出や、観光面での魅力的な街づくりを推進していきます。