JP
EN
2019.11.25
BionicM(株)「ロボット義足」が国際的ピッチコンテストで2位受賞!

深圳市南山区の深圳清華大学研究院(RITS)と、その外郭団体でインターナショナルテクノロジー企業への投資を行うLeaguer Groupによるスタートアップ企業を対象とした国際的なピッチコンテストの世界大会「The 2019 Innovation Nanshan Entrepreneurship Star Contest」が、11月16日(土)深圳市南山区で開催されました。

日本代表として出場したのは、8月に一般社団法人渋谷未来デザインが主催となって開催した日本予選「The 2019 Innovation Nanshan Entrepreneurship Star Contest Shibuya」を見事突破したBionicM株式会社(東京都文京区、代表取締役 孫小軍氏)のロボット義足「Robotic prosthetic knee」、トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役 中西 敦士氏)の排泄予測デバイス「DFree(ディー・フリー)」の2社。BionicM株式会社は、スタートアップ部門の2位を受賞し、また優れたイノベーション企業に送られるイノベーション企業賞もあわせて獲得しました。

BionicM株式会社 代表取締役 孫小軍氏

今回の受賞にあたり、BionicM株式会社代表取締役 孫小軍氏は、『中国は日本に比べ義足を必要とする人が圧倒的に多い国の一つ。本大会で、BionicMの事業・技術を高く評価いただけたことは、今後の事業展開における一つのターニングポイントになると感じています。今後につながるネットワークを構築でき今回得られたものを十分に活用し、技術開発・海外展開を加速させていきたいです。』と、今後に向けての豊富を述べました。

昨年度、本大会にて3位受賞した日本代表の株式会社エアロネクストは、その後南山区政府の支援を受けて深圳での事業を拡大し大きく前進。決勝大会の主催者であるLeaguer Groupからは、日本代表の2年連続受賞を受けて『日本企業が2年連続の受賞となり、我々も非常にやりがいを感じています。今大会を通じて、多くの日本企業の皆様に創造力と活気に溢れる深圳のことを知っていただけました。これからも海外展開への一歩を踏み出す手助けができれば。』と、今後も日本企業へのスタートアップ支援に期待されています。