JP
EN
2019.09.17
いつもの渋谷がアートギャラリーに!?『PUBLIC ART PROJECT』桜丘と公園通りに12人の作品展示

創造力を豊かにするパブリックアートプロジェクト

渋谷へ出かける際には、ふとまわりを見渡してみてください。
いつもの見慣れた渋谷の街並みがアートギャラリーに変わっているかもしれません。

渋谷を中心とする都市回遊型イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019」の連動企画として、桜丘と、公園通り 勤労者福祉会館(通称 きんぷく)の2箇所で、パブリックアートプロジェクト(第1弾)を9月末まで実施中。

本プロジェクトはクリエイティブエージェンシーen one tokyoがキュレーターとなり、計12アーティストの作品を期間限定で展示。
コンセプトとして、公共空間でアートに触れられる街作り、様々な表現による多様性のある都市空間の創出、そして、街が持つクリエイティビティに対しオープンな環境の実現、を掲げています。

参加アーティストは、POPEYEやBEAMSとのコラボでも知られる人気イラストレーターのYu Nagaba氏。Louis Vuittonとのコラボレーションでも話題のKenta Cobayashi氏。写真界の芥川賞と言われる木村伊兵衛賞受賞作家の石川竜一氏。Flying Lotusのアルバムアートワークでも知られるGUCCIMAZE氏。渋谷PARCOのAKIRAウォールでは大友克洋さんとのコラボレーションワークを見せた河村康輔氏。アート界の新星として注目される武田鉄平氏など。

大規模な都市開発でまだまだ無機質な景色の広がる渋谷ですが、思わぬところでアート作品に出会えるのも今だからこそ。

何気なく歩いていても創造力を豊かにしてくれる街、渋谷。
人々の心をアート作品で豊かにできればという想いから始まったのが「渋谷パブリックアートプロジェクト」です。
今後ももっとたくさんのアート作品で渋谷の公共空間を豊かにできればと考えています。

『PUBLIC ART PROJECT Vol.1』

<展示期間>
9月末まで予定

<展示場所>
渋谷区桜丘(線路沿いの仮囲い)
渋谷区公園通り 勤労福祉会館(通称きんぷくの仮囲い)

<参加アーティスト>
GUCCIMAZE
Kazuto Ishikawa
Kenta Cobayashi
Killiman Jah Low Works
Kosuke Kawamura
Midori Kawano
Ryuichi Ishikawa
Shinpei Nakaya
Teppei Takeda
Toya Horiuchi
Usugrow
Yu Nagaba

主催:一般社団法人渋谷未来デザイン
共催:SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 実行委員会
企画:en one tokyo