TEAM

代表理事
小泉 秀樹
1964年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了後、1997年から東京大学大学院講師(都市工学)、2000年同助教授を経て、 2013年より現職。研究成果をふまえつつ多くの市民団体、自治体とまちづくり・コミュニティ・デザインの実践に取り組んでいる。また都市計画提案制度の創設に社会資本整備審議会委員として関る。著書に「コミュニティ・デザイン学」(編著、東京大学出版会)、「コミュニティ辞典(編著、春風社、近刊)「スマート・グロース」(編著、学芸出版社)、「まちづくり百科事典」(編著、丸善)ほか。グッドデザイン賞など受賞多数。
常務理事/事務局長
須藤 憲郎
1977年渋谷区に入区、土木部において道路空間の再配分による歩行者空間整備、橋梁・公園の計画・設計・管理。都市整備部において地域まちづくり、渋谷駅周辺整備に関わる都市計画、まちづくり指針策定、景観調整、エリアマネジメント組織組成などに従事。2017年渋谷未来デザイン準備室長。趣味はアート・音楽全般。
理事/事務局次長/プロジェクトデザイナー
長田 新子
AT&T、ノキアにて情報通信及び企業システム・サービスの営業、マーケティング及び広報責任者を経て、2007年にレッドブル・ジャパン入社。最初の3年間をコミュニケーション統括、2010年から7年半をマーケティング本部長として、日本におけるエナジードリンクのカテゴリー確立及びレッドブルブランドと製品を日本市場で浸透させるべく従事し、9月末にて退社し独立。趣味はスポーツ観戦・音楽ライブ鑑賞、ゴルフ、海など。
理事/プロジェクトデザイナー
金山 淳吾
1978年生。電通、OORONG-SHA、ap bankでの事業開発プロデューサーを経てクリエイティブアトリエTNZQを設立。「クライアントは社会課題」というスタンスから様々なクリエイター、デザイナー、アーティストと企業との共創で社会課題解決型のクリエイティブプロジェクトを推進。2016年より一般財団法人渋谷区観光協会の代表理事として渋谷区の観光戦略・事業を牽引し、渋谷区をステージに様々なプロジェクトをプロデュース。2017年、クリエイティブファームEVERY DAY IS THE DAYの設立メンバーとして参加。
プロジェクトデザイナー
後藤 太一
リージョンワークス合同会社代表社員。世田谷区生まれ。1992年東京大学卒業、鹿島建設入社。1997年UCバークレー校都市地域計画学科修了、ポートランド都市圏自治体メトロ勤務。2003年に福岡に移り、エリアマネジメント、地権者協議会、産学官民連携組織を立ち上げ福岡の成長基盤づくりに貢献。渋谷は学生時代の思い出の地。
顧問
森本 登志男
京都大学卒、岡山県出身。マイクロソフトで16年間マーケティングを担当。佐賀県CIOに転身しICTを活用した先駆的な業務改革を数々推進。県活性化の火付け役として活躍した。現在は働き方改革や地方創生に従事し、官・民ともに精通するプロとして高い評価を集める。講演多数。著書に「あなたのいるところが仕事場になる」
プロジェクトディレクター
金行 美佳
広島県出身。大学卒業後、(株)日建設計にて、エリアビジョンづくりや規制緩和などの政策立案から、複合的な都市開発事業の都市計画コンサルティング業務まで幅広く従事。最近では、渋谷駅や東京駅周辺エリアの駅まち一体型開発を担当。技術士(都市及び地方計画)、一級建築士。趣味は、ゲーム、音楽、アートと島。
プロジェクトディレクター
木村 知
1977年山形市生まれ。大学卒業後、起業し、NPO支援、音楽フェス立上げ、店舗経営等に従事。05年より広告会社にて自動車クライアントを担当しデジタルクリエイション業務に携わる。13年からデジタルテクノロジーを活用した街づくりに軸足を移し、近年は都市計画や自治体シティプロモーションを担当。高校フューチャーセンター主宰、富士山チャレンジ発起人、NPO法人クロスメディアしまだ理事。
プロジェクトディレクター
安東 直美
大学卒業後、外資系企業にて営業部門の人材育成、顧客体験価値創造などのマーケティング業務に従事。2016年にフリーランスとなり、NPOや企業でクロスセクター協働推進、従業員や顧客のエンゲージメント促進などのプロジェクトに携わる。楽しみは、休日に近所のパン屋さんをめぐること。
プロジェクトディレクター
岩本 義樹
1984年東京生まれ。NECレノボジャパングループにて新規事業を複数立ち上げ、2016年に独立。81plus株式会社を設立。独立後はIoTやARなど最先端のデジタル技術を用いた体験デザインを得意とし、家電/化粧品メーカーやホテル・交通など、業界を問わず、様々な新規事業をデザイン。 また、渋谷区観光協会のCXデザイナーとして活動するだけでなく、様々な日本の地域でのプロジェクトも推進。
プロジェクトディレクター
小池 弘代
2018年4月一般財団法人渋谷区観光協会 事務局長に着任。2016年より(社)シェアリングエコノミー協会事務局次長・(株)スペースマーケット 社長室ブランド戦略などに従事。旅行業業界に7年在籍した経験からエリアブランディング(地域活性)・コミュニケーション領域を軸に活動の幅を広げる。渋谷区在住。
シニア・マネージャー
佐治 康子
短大卒業後、渋谷区に一般事務職で入区。児童福祉センターで紙芝居を読むことから始まり、多種多様な業務に携わる。渋谷駅周辺整備課に配属され、エリマネも知らなかったが、駅前エリアマネジメント組織の立ち上げから6年間エリアマネジメントを担当。様々な規制の壁を知る。夢は温泉地に移住すること。
プロジェクトディレクター
千田 聖一
2008年渋谷区へ入庁。都市整備部建築課にて建築確認審査業務に従事。2011年宮城県南三陸町にて東日本大震災の災害派遣を経験。2015年都市整備部渋谷駅周辺整備課にて都市再開発事業や渋谷未来デザイン設立検討に関わる。
プロジェクトディレクター
宮島 義隆
長野のりんご農家で生まれ育ち、大学入学を機に上京。大学時代を渋谷で過ごした経験から、渋谷のためになる仕事をしたいと思い、2009年に渋谷区入区。都市整備部で原宿神宮前地区のまちづくり、危機管理対策部で帰宅困難者対策や災害情報システム構築業務などに携わる。趣味はゲームと山登り。
プロジェクトディレクター
佐藤 悠太
⽴教⼤学卒業後、(株)オプトに新卒⼊社。WEBコンサルタントを経て、(株)電通に出向しマーケティング⽀援に従事。2012年に退社後、モギー株式会社を創業。デジタルチケット事業⽴ち上げ後、WEB制作プロデュース・開発を領域としたLDS,Inc.を創業。2016年 1⽉コインスペース株式会社代表取締役に就任。渋⾕を中⼼に5店舗展開。2018年4⽉に退任後、渋⾕未来デザインに参画。
コーディネーター
濱名 茜
横浜市出身。more treesにて事務局運営に携わったのち、フリーでメーカーの製品化に向けたコーディネートや販売戦略のコンサルティング、建築事務所の広報支援等を行う。出産による休業後、2016年6月よりリージョンワークスのディレクターに就任。FDSではコーディネーターとして各プロジェクトを支援する。