2018.07.30
多くのご応募ありがとうございました!
   中国・深圳市南山区のスタートアップ向け国際的ピッチ大会の国内予選
「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018 Shibuya」
渋谷区と中国広東省・深圳市南山区が連携しイノベーションを生み出す取り組みを推進する最初の施策として行っている中国広東省・深圳市南山区のスタートアップ向け国際的ピッチ大会の国内予選「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018 Shibuya」への参加権をかけた国内オンライン予選を7月29日(日)18時まで延長します。

「Nanshan "Entrepreneurship Star” Contest」は、2008年から始まった深圳市南山区の深圳清華大学研究院(RITS)とLeaguerX により開催されるスタートアップ企業を対象とした国際的なピッチコンテストです。

オンライン予選(提出期限7月29日)からの書類審査により、約10社のスタートアップ企業が選出され、8月30日の国内予選大会への出場権利が与えられます。

国内予選の審査員は、夏野剛氏、大櫃直人氏(みずほ銀行)、小田嶋Alex 太輔氏(EDGEof)、加藤由将氏(東急アクセラレートプログラム)に加えて深圳市南山区からの主催者代表も参加いたします。

尚、日本予選の優勝者は9月に南山区にて開催される世界大会に招待されます。最大の特徴は、優秀な事業プランには、中国のシリコンバレーといわれる南山区の起業支援ネットワークによる資金調達の機会やイノベーションリソースの共有など、事業をスケールアップさせるための手厚いサポートを受けられます。

深圳進出を目指すスタートアップ企業の多数参加をお待ちしています。

多くのご応募ありがとうございました!

概要PDF