2018.04.25
渋谷未来デザイン、
広島県AI/IoT実証プラットフォーム事業にて都市間連携事業開始
2018年4月2日に設立された「一般社団法人渋谷未来デザイン(FDS)」は、都市間連携デザイン事業の第一弾として、AI/IoT実証プラットフォーム事業「ひろしまサンドボックス」にて広島県と渋谷の価値が共に向上する事業を推進するパートナーとして連携します。
広島県は、AI/IoT、ビックデータ等のデジタル技術の利活用により、これまでにない新しいソリューションを創り出すための実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を構築します。この実証実験に、平成30年度から3年間で最大10億円規模の投資を行うことで、県外からも多様な企業や人材を呼び込み叡智を結集することで、様々な産業、地域課題の解決に取り組みます。渋谷未来デザインは、この事業実施に向けたパートナーとして「渋谷区」と都市と地方の共創による新たな連携に向けて取り組み、スタートアップ企業等プレイヤーを渋谷から広島県へ呼び込みます。

【連携内容】
- 渋谷区基本構想に掲げられた渋谷の未来像“ちがいをちからに変える街。 渋谷区“を実現するための産官学民によるプラットフォーム「一般社団法人渋谷未来デザイン(FDS)」は,都市間連携デザイン事業を実施します。
- 渋谷区及びFDSは、広島県が取り組むAI/IoT実証プラットフォーム事業「ひろしまサンドボックス」に、渋谷のスタートアップ企業等プレイヤーと広島県をつなぎ、「ひろしまサンドボックス」への参加が促進されるよう連携します。
- FDSは渋谷の発信力を活かし,広島県と渋谷の価値が共に向上する事業を推進します。

【渋谷区長 長谷部健】
渋谷区と一般社団法人渋谷未来デザインにとって、広島県のような他都市とアイデアと資産を持ち寄りリアルにつながることで、シナジーが生まれイノベーションが起こると思っています。それが両者にとっての真の事業発展の可能性となります。このプロジェクトの成功を期待し、新しい都市間連携のモデルを創造していきたいと思っています。

【ひろしまサンドボックスについて】
広島県内企業,大学,自治体等の様々な主体があらゆる実証実験を行うことができる場を構築し,県外からも先進的なスタートアップ企業や専門人材を呼び込み,県内企業等とコラボレーションすることでAI/IoT等のノウハウや知見を蓄積させ,広島発の新たなソリューションを次々と生み出す共創エコシステムの構築を目指すもの。

【一般社団法人渋谷未来デザインについて】
渋谷未来デザインは、ダイバーシティとインクルージョンを基本に、渋谷に住む人、働く人、学ぶ人、訪れる人など、渋谷に集う多様な人々のアイデアや才能を、領域を越えて収集し、オープンイノベーションにより社会的課題の解決策と可能性をデザインする本格的な産官学民連携組織です。行政機関だけではなく、多様な主体(個人、企業、学校など)が今までにない仕組みで共創して取り組むことで、新しい価値を生み出すアイデアを創出し、それは渋谷だけではない世界の都市が経験する未来へ向けたイノベーションの芽となります。更にこのような体験・活動を、都市生活の新たな可能性として、渋谷から世界に向けて提示することで、最終的には渋谷区のみならず社会全体の持続発展につなげることを目指しています。